人気ブログランキング |

50mm レンズ

Carl Zeiss Milvus 1.4/85 と組み合わせるための 50mm レンズは何が良いのか?
手元にあるレンズは、シグマの Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art(Art50mm) と Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM(旧50mm)。
Art50mm の写真を単独で見る分に不満はないけど、Milvus 1.4/85と一緒に使うと若干の不満が出てくる。
ならば同一メーカーのレンズが望ましいと考え、Milvus 1.4/50 と Milvus 2/50M とで迷った結果、Milvus 2/50M を購入。
Milvus 1.4/85 は Planar構成で、Milvus 1.4/50 は Distagon構成。Planar 50mm/F1.4 と同じ Planar構成のままMilvus化されていたら 1.4/50 で決定してたのに、
1.4/50だけ構成が変更されて、2/50MはPlanar構成のままというのが非常に悩ましい。
結局、標準域のマクロレンズも前から欲しかったので Milvus 2/50M を購入。
Milvus 1.4/50 も気になって仕方ないので、いずれ購入するつもりです。

NOKTON58mmF1.4 も持っていて好きなレンズなのですが、ピントの山が掴みづらくピントを外すことが多いので出番は多くありません。
三脚前提の撮影なら迷いなく使うんですが。

それぞれのレンズの写りの違いが気になるので手持ちの50mmレンズ、
Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art
Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM
Carl Zeiss Milvus 2/50M
で撮り比べてみました。
(Milvus 2/50Mは開放絞りがF2.0なのでF1.4のサンプルはありません)

ボケの素直さは、シグマの旧50mmが一番な気がします。ただ古いレンズなので、ピント面も甘めでAFも遅いという欠点があります。
Milvus 2/50Mはコントラストが高いためか花壇のボケは若干ゴチャゴチャに見えてしまいます。
また、芯が残る感じのボケで、ボケ味という意味ではイマイチかも。
マクロレンズなので流石に近接距離でのボケはとろけるような感じなんですけどね。
シグマArt50mmは、両者の中間といったところでしょうか。

ひまわりの茎に生えている産毛から判断するとシャープさは、Art50mmが一番です。
やはりシグマ旧50mmは甘々です。

Milvus 2/50M が実際のポートレート撮影でどのような写りになるのか?週末の撮影で早速使う予定です。
結果によってはMilvus 1.4/50 の購入が早まるかも。。。


F1.4
f0334396_22563479.jpg
f0334396_22563385.jpg
F2.0
f0334396_22593313.jpg
f0334396_22563327.jpg


by miyan_photo | 2016-08-19 09:38 | カメラ・レンズ

Mi-yan’s PHOTO LIFE blog [PORTRAIT]

見返したくなる写真を撮りたい